571 ENERGY

静かなるエナジィを感じたらクリック

menu

Art

By Takehiko TSUBAKINO/FISH NUDIST on 2016.01.24

高嶺の花 =Fish Nude #28=

苦労して摘んで帰った「高嶺の花」を、ゼッタイにイケると気合い入れて、家できれいな花瓶にいけたら、、、アレ?おかしいな結構普通。。。苦労話で終了。

 

平目を気に入って、撮るぞ撮るぞと抱きしめて帰って撮ったら、アレ普通。。。みたいな。平目だ平目だと突進すると逃げられ、太刀魚がいいなと思ったら逃げられて、追うと逃げられるんですねえ、何でも。ストーカーにならないようにしないと。。あいまいtension。

 

と思ってたら突然、妻の実家から縞鯵をいただいたんです。

 

縞鯵が、降ってきた。

 

最近あまり買ってなかったのですが、手に入ったんだから撮るか、、と。

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

 

〈とくに造作なく、フレンチ・キス風に〉

 

わざわざ縞鯵なんて撮るのもなあ、とダメ元で刺身つくってましたら、なんかチョット兆しが。

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

 

〈舞妓さんの口紅風に、おぼこい感じ〉

 

なかなかよろしい…。私の方が縞鯵でノッてきました。さ、皿を替えましょ。

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

 

〈腹身の端、サシが冴えてます〉

 

うつくしい木の皿をみたら、サシを見せたくなってきました。こういう呼応ありますね。

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

 

普段、こういうキレイに並べるのは好きじゃなかったはずなのに、なんかお皿に影響されて並べちゃったんです。Instagramにアップしたら、案の定、外人さんに孔雀王みたいだね、って言われたんですけど、やっぱりそうなんですよね〜。サシミから目が逸れる。これは太刀魚。

 

こんな調子なので、写真も字も、長丁場になって、ヤル気が出たり出なかったり、足腰立たなくなっても指が動けばできるものばかり。なんて戦略テキなんだろう!笑

 

 

椿野武彦/FISH NUDIST

書道家として日本語・中国語の書を修めた後、トルコへ2年間のカリグラフィー留学へと向かう。現地では、アラビア語の書を学ぶ日本人として注目を集めたが、留学期間終了に伴い日本へ帰国。 現在は、魚への愛が高じ、写真家としての活動も活発に行なっている。彼の撮るSASHIMIは、既に欧米のメディアを通じて世界へ発信されているが、当メディアでは、彼の作品だけではなく、「魚の最も美しい姿を撮っていきたい」という彼の想い、"魚のエロ本 Fish Nude"と独特の世界観、表現で語られる世界をお楽しみいただきたい。 (編集による紹介)

Share >>

静かなるエナジィ

Best Popular "Silent Energy"

"Silent Energy" Events

28 BLACK

Silent Beauty