2108 ENERGY

静かなるエナジィを感じたらクリック

menu

Art

By Takehiko TSUBAKINO/FISH NUDIST on 2015.04.18

水窪物語 其の三(完結編) =Fish Nude #8=

水窪駅から眼下に川を見たとき、まず石が綺麗だな…と思いました。

 

水窪の美しい石の上で魚を撮るのです。sashimiを撮るときも、できるだけ刺身が映えるような器の色を、と思うのが常ですが、魚体を撮るときは、地面が皿ですから。そのほうがゼッタイ「らしい」写真になるなぁと興奮していたんです。

 

<魚を逆さに撮る。これイイんですよ。

グラビアはやっぱり逆さですよ>

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

魚が逆さ、つまりお腹側が上です。特に意識したわけではないのですが、いろんな角度を試していたら気に入る写真が逆さのが多かったんですね。鰭がきれいに写るからでしょうか。

 

で、私の好きな写真です。

 

<アマゴの尾鰭と、イワナの筋肉が同時に写った決定的な現場写真>

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

イワナの、側面に筋肉が浮き出て、『今から跳ねるぞ』という寸止め写真です。それとアマゴの自然なようで不自然な尾鰭のヒネリ。。。これ撮ってる時には相当エネルギーを吸い取られました。

 

<逆さからもう一丁>

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

上のイワナの胸鰭についたアワ。呼吸して、鰭をチョッと動かしたからアワが出たんでしょうね、背中の光沢と妙に合ってて鳥肌です。

 

<一匹が跳ねると、他も跳ねだしてこの乱れっぷりです。

実際逃げてしまいました>

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

この後、すべてカルパッチョにしたんですけども。

ここまでで一時間以上、魚たちとやりとりしてましたので、興奮が続きすぎて疲れたのと満足感で河原に仰向けに寝転がりました。水窪の山河に向けて放心状態です。

 

 

・・・そこに、『どうです? 撮れました?』的に現われたのがTさんでした。

私はほんとに気を抜いていたので、何か『イケナイもの』を見られたような感覚でした・・・。

 

<水窪の清流と岩>

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

翌朝。改めて川に降りました。

何億年をかけて岩石が集まり、そこに渓流ができました。そこに棲む魚を撮りました。

きっと岩石が集まるように、私たちも集まってきました。水に沈んだり、地中で熱を受けたりして集まってきたんです。

 

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

Photo Credit: Takehiko Tsubakino

 

また必ず戻ってきます。

 

水窪物語 完

 

椿野武彦/FISH NUDIST

書道家として日本語・中国語の書を修めた後、トルコへ2年間のカリグラフィー留学へと向かう。現地では、アラビア語の書を学ぶ日本人として注目を集めたが、留学期間終了に伴い日本へ帰国。 現在は、魚への愛が高じ、写真家としての活動も活発に行なっている。彼の撮るSASHIMIは、既に欧米のメディアを通じて世界へ発信されているが、当メディアでは、彼の作品だけではなく、「魚の最も美しい姿を撮っていきたい」という彼の想い、"魚のエロ本 Fish Nude"と独特の世界観、表現で語られる世界をお楽しみいただきたい。 (編集による紹介)

Share >>

静かなるエナジィ

Best Popular "Silent Energy"

"Silent Energy" Events

28 BLACK

Silent Beauty