425 ENERGY

静かなるエナジィを感じたらクリック

menu

Art

By Hiroyuki Toyokawa on 2016.07.01

The motion & The moment. #古代劇場が放つ静かなるエナジィ

 

<悠久の時を重ねた土地>

 

アジアとヨーロッパの交わる場所。

トルコ。

古代より、幾多の民族・文化が栄え滅び、現在に至る。

自然においても、時を重ね現在までに至る景勝地がある。

 

パムッカレ。

 

 

 

 

 

 

<古代の温泉保養地 パムッカレ>

 

長距離バスに乗りパムッカレへ。

 

ローマ帝国の時代に温泉保養地とされていたパムッカレ。

湧き出る温泉に含まれる石灰岩が、純白の棚田を作り出す。

その棚田に温泉が溜まり、現像的な景色を生み出している。

現在はもっぱら観光地として機能していて、温泉の流れも部分的に止めているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純白の石灰棚の丘陵地帯を登ると、見晴らしのいいポイントに着いた。

どこの国だかわからない夫婦が記念撮影。

素晴らしい景色をバックに、旦那さんが奥さんをパチリ。

その微笑ましい光景をパチリ。

このお二人に、この写真を渡してあげたい。

 

DSC_9844

 

ここパムッカレでは、丘を登る為の動線には、温泉が流れている為、

みんな靴を脱ぎ、ズボンの裾をめくって、温泉の温もりを感じながら進んで行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丘の頂上には、古代ローマ時代位の温泉保養地を模した温泉施設がある。

石像やエンタシスが転がったスパには、欧米人が優雅にプカプカ。

 

DSC_9845

 

 

 

 

 

その近くには、ローマ劇場がひっそりと佇んでいた。

美しく朽ちていく石造りの劇場は、幾度の地震で崩壊した。

復興しては、また地震によって崩壊した。

当時の興隆を想像して楽しむほかない。

 

当時、これだけの規模の石造りの大舞台で、

どのようなステージが繰り広げられたのか。

開かれた空間で、役者たちの声はどのようにこだましていったのか。

当時の興行を思い描く。

 

美しく時間をかけて朽ちていくローマ劇場からは、

何も語らずとも、その荘厳さから伝わる静かなるエナジィ。

ただただ中心にあるステージを眺めるだけで、

時間が過ぎていくのを忘れてしまう。

 

DSC_9849

 

 

 

 

どこの国の女性だかわからないが、カメラを向けるとポーズを取ってくれた。

厳めしい色の石段に、女性の白いワンピースが映える。

 

DSC_9853

 

 

 

 

 

 

 

やがて、日没の時間を迎える。

観光に訪れた人たちは、思い思いの場所でサンセットを迎える。

純白の石灰棚を、夕日が優しく照らす。

 

DSC_9883

 

DSC_9933

 

 

 

 

 

 

陽が沈みきり、あたりは真っ暗になった。

純白の石灰棚は、部分的にライトアップされた。

日中には見れなかった、パムッカレの夜の顔が、足元には広がっていた。

 

水の流れによる侵食のためか、幾何学模様が折り重なるように広がる。

ライトアップで凸凹がより強調され、水面のようになっていた。

 

DSC_9945

 

DSC_9951

 

 

 

 

 

 

宿に戻って、近くの日本食屋さんで夕食をとる。

店頭に貼られていたのは、求人募集の張り紙。

 

パムッカレで一旗あげるのも悪くない。

 

DSC_9973

 

 

 

続く。

 

 

豊川 裕之

東京写真学園卒。 写真を撮りながら7ヶ月で25カ国を周り世界一周。 ふとした瞬間や仕草、バランスなど、自分自身の感覚で切り取れるツールが自分にとっての写真であり、魅力だと感じます。 現在はフリーアシスタント・フリーカメラマンとして活動。

Share >>

静かなるエナジィ

Best Popular "Silent Energy"

まだデータがありません。

"Silent Energy" Events

28 BLACK

Silent Beauty